つくば市竜巻情報

2012年5月6日につくば市で発生した竜巻のまとめと、その後の竜巻情報です。

当ページについて

当ページは、つくば地域の市民のレポーターにより、竜巻災害に関する情報を記録・統合したものです。

ニュース記事は時間とともに参照できなくなるものが多い事から、情報の保存のために「出展元」を明記し「記事内容」をそのまま引用しています。よって記事内容の著作権は出展元にあります。

またYoutube動画も「登録者」を明記し、一般公開されているもののみを引用しています。

つくば市災害情報


検索

検索
オプションを表示»
検索対象ページ 
 
 
検索対象
 
 
 
 
 
検索

ブログアーカイブ

新着記事
2016/02/29 02:19 投稿者:レポーター
2016/02/25 09:00 投稿者:レポーター
2016/02/09 18:57 投稿者:レポーター
2015/11/09 09:00 投稿者:レポーター
バックナンバー
2016年06月(1)2016年04月(1)2016年03月(1)2016年02月(4)2015年11月(1)2015年10月(4)2015年08月(7)2015年07月(4)2015年06月(3)2015年05月(3)2015年04月(4)2015年01月(1)2014年10月(10)2014年08月(11)2014年07月(3)2014年06月(12)2014年05月(9)2014年04月(3)2014年02月(10)2013年11月(2)2013年10月(7)2013年09月(52)2013年08月(9)2013年07月(32)2013年06月(2)2013年05月(23)2013年04月(9)2013年03月(6)2013年02月(2)2013年01月(3)2012年12月(7)2012年11月(5)2012年10月(10)2012年09月(15)2012年08月(18)2012年07月(17)2012年06月(34)2012年05月(9)

画像・動画アーカイブ

アクセスカウンター

合計:239421
今日:49
昨日:114
今週:271
先週:725
今月:1640
先月:2422

経過情報

つくば竜巻災害、学校の対応記録集に 防災士の長屋さん

長屋和宏さん
つくば竜巻災害の学校対応をまとめ上げた記録集と、作成に当たった長屋和宏さん

AZUMA学園、竜巻訓練
竜巻想定避難訓練で姿勢を低くする児童=11日、つくば市吾妻の吾妻小

 2012年5月につくば市北部を襲った竜巻災害で、地元の小・中学校の現場対応を、市内在住の防災士、長屋和宏さんが記録集にまとめた。当時の学校長などの話から、復旧や授業再開の経過をたどった。さまざまな自然災害が相次ぐ中、当時の状況を疑似体験してもらったり、具体例として防災講座などの教材にしてもらうなどの活用を期待している。

 記録集「竜巻災害における小・中学校の対応」は、北条小と筑波東中の学校現場でどう対応したか。当時の学校長や職員関係者からの聞き取り調査など踏まえ、児童生徒の安否確認、連絡体制、被災した施設の復旧といった場面や出来事を整理。エピソードを交え、12ページにまとめられている。

 竜巻災害は5月6日、日曜日に発生。北条小は窓ガラスが激しく破損したり物が飛んできたりと被災。もともと振替休日だった翌日を含め、3日後の9日に再開した。筑波東中は施設に直接被害はなかったものの、家で被害に遭った生徒がいた。

 例えば、発生日に小学校から教育委員会への情報伝達は、電話や電気を普段通りに使えない中、把握した情報を書き記したホワイトボードを携帯電話で撮影し、写真をメール送信する方法で行われたという。

 学校再開方針が決まると、小学校は普段使う教室を優先して復旧を進めた。防犯面に注意した夜や両校の通学路の安全確認、児童生徒の心のケア、さまざまな協力の広がりといった経験も記した。

 長屋さんは吾妻小の元PTA会長で、AZUMA学園(吾妻小、吾妻中)防災教育地域コーディネーターを務めている。過去に東日本大震災の際、帰宅難民たちを避難所で受け入れた吾妻小や、交流のある岩手県山田町の小学校の経験もまとめたことがある。

 記録集は15年夏に取り掛かり、仕事の休みを利用して作成したという。長屋さんは「エピソードがそのままになっているのはもったいない」としている。近く、吾妻小PTAのホームページで掲載される見通し。

竜巻想定の避難訓練 吾妻小

 竜巻を想定した避難訓練が11日、つくば市の市立AZUMA学園(吾妻小、吾妻中)で行われた。

 吾妻小(児童数512人)では訓練を伝える放送が始まると、防災ずきんをかぶった児童たちが教室で窓から離れ、窓が少なく壁に囲まれているなどの所定場所に学年ごとにまとまって避難。体勢を低くして身を守った。

 この日は両校合同で保護者への児童・生徒引き渡し訓練もあり、緊急時に備え対応方法が確認された。6年生の男子児童(11)は、「落ち着いてやったほうがいいと感じた。窓から離れるのが大切と思った」と感想を話していた。訓練は、同学園の防災の取り組みで行われた。(橋本ひとみ)

引用元:常用新聞(2016年6月15日)

コメント(0)
2016/06/15 00:00 投稿者:レポーター

各地で強風、ビル解体のパネル落下 竜巻注意情報相次ぐ

 日本海の低気圧からのびる寒冷前線に湿った空気が流れ込み、17日は各地で強風が吹き荒れた。気象庁によると、石川県金沢市では、午前11時40分ごろに最大瞬間風速37・5メートルを記録。東京でも八王子市で午前10時ごろ、26・6メートルを観測した。

【写真】足場が大きく崩れた駅近くのビル

 東京都多摩市の京王線聖蹟桜ケ丘駅前では、午前10時20分ごろ、9階建てのビルの解体現場を覆うパネルや、足場が強風で落下して道路を塞いだ。落下当時、道路に人や車はおらず、けが人はいなかった。

 東京消防庁の説明では、パネルは縦40センチ、横180センチほど。20~30枚が道路に落ちたという。道路を通行止めにし、消防や業者がパネルや足場を回収した。

静岡・山梨・神奈川に竜巻注意情報

 17日午後1時ごろ、静岡、山梨、神奈川の3県に竜巻注意情報が出た。各地の地方気象台が発表した。気象庁によると、大気の状態が不安定になり竜巻などの突風が発生しやすくなっているという。屋内に移動するなど安全確保に努めるよう呼びかけている。

引用元:朝日新聞社(2016年4月17日13時52分)

コメント(0)
2016/04/17 13:52 投稿者:レポーター

北海道暴風雪 「風の音、竜巻みたい」屋根や電柱被害

「風がゴーッと音を立てて、竜巻みたいだった」−−。数年に1度の記録的な暴風雪に見舞われた北海道内は1日、各地で屋根が飛ばされたり、電柱が倒れたりするなどの被害が相次いだ。【横尾誠治、袴田貴行、山田泰雄】

 3月としては観測史上最大となる最大瞬間風速34.3メートルを記録した室蘭市内では、電柱4本が倒壊。現場近くに住む無職、宮本巌さん(83)は「家 が動いているように感じた。ここに50年以上住んでいるが、こんなことは初めて。おっかなかった」と振り返った。

 道や道警によると、岩内町では女性(77)が強風にあおられて転び、右足を骨折。札幌市中央区では歩道に雪の塊が落ちてきて、母親に抱かれていた男児(1)の顔に当たり、軽いけがをした。

 また小樽市オタモイでは住宅のトタン屋根がはがれて数百メートル飛ばされ、札幌市中央区では改修中の5階建てビルの足場が崩落した。

 道によると、斜里町や猿払村など14市町村が避難所を開設し、最大203人が自主避難。北海道電力によると、後志、胆振地域などで延べ約1万2000世帯が停電した。

 交通機関も乱れた。JR北海道によると、宗谷線や室蘭線などで特急18本を含む計215本が運休。航空便は新千歳空港を発着する125便が欠航した。

 道警によると、多重衝突事故も相次いだ。旭川市の市道では乗用車5台が絡む事故があり、女性が軽傷。興部町の国道238号では、大型トラックと乗用車の 計7台による事故があった。この影響で、後続の路線バスなどが約4時間にわたって立ち往生し、バスに乗っていた紋別高校の3年生が卒業式に間に合わなかっ たという。

 道教委によると、小中高校などの臨時休校は計520校に上り、30の高校で卒業式が延期となった。

引用元:毎日新聞(2016年3月1日21時15分)

コメント(0)
2016/03/01 21:15 投稿者:レポーター

[つくば市災害・防災メール]茨城県竜巻注意情報

2016年2月29日(月)2時19分,茨城県では竜巻発生の恐れがあります。
雷や風が急変するなど積乱雲が近づく兆しがある場合には,頑丈な建物内に移動するなど,安全確保に努めて下さい。
この情報は,29日3時30分まで有効です。

配信元:つくば市災害・防災メールサービス

コメント(0)
2016/02/29 02:19 投稿者:レポーター

海の竜巻情報3月1日から 長崎周辺海域、試験運用

 第7管区海上保安本部(北九州)は25日、長崎県周辺海域で目撃された竜巻情報を航行中の船舶に伝える全国初のシステムを3月1日から試験運用すると発表した。

 昨年9月、同県対馬沖などで漁船6隻が転覆、5人が死亡した竜巻などの突風が一因とみられる事故を受けた取り組み。今年12月に検証し、その後、本格運用する。

 システムは、専用の電話番号「竜巻目撃ダイヤル」や無線で竜巻を目撃した漁船から情報を受けると、周辺海域を航行中の他の漁船に無線で連絡するほか、ウェブサイトやメールで海洋情報を提供する「沿岸域情報提供システム(MICS)」の登録者にも発信する。

 竜巻目撃ダイヤルは093(322)1187。

引用元:産経ニュース(2016.2.25 18:23)

コメント(0)
2016/02/25 18:23 投稿者:レポーター

益田で未明に竜巻か 18棟被害

店舗や住宅、車60台も破損

 24日午前2時40分頃、益田市中吉田町付近の民家や店 舗など少なくとも18棟で、屋根の一部が剥がれたり、ガラスが割れたりする被害が出た。けが人はなかった。松江地方気象台は現地調査を行い、「竜巻の可能 性が高い」と結論づけた。被害に遭った住人らは、声を震わせて当時を振り返った。(岡信雄、熊谷暢聡、宮地恭平)

 同市などによると、被害を確認したのは、店舗12棟と民家4 棟、ビニールハウス2棟、車約60台。JR益田駅を含む南北約2キロ、幅100~150メートルの帯状に被害が出ていた。「島根ダイハツ販売益田店」で は、展示車など車約50台が石などの飛来物でガラスが割れるなどした。付近の数十戸で一時停電も起きた。

 現場は日本海まで最短1キロ程度の平らな土地で、店舗や民家が立ち並んでいる。

 松江地方気象台の職員らでつくる「気象庁機動調査班」8人は午後1時頃から2時間余り、現地で二手に分かれ、民家や店舗を回って当時の気象の変化や音の特徴を聞き取ったり、物が飛来した範囲や外壁の剥がれ方を観察して書き留めたりしていた。

 その結果、▽当時、上空の寒気の影響で大気の状態が不安定とな り、付近を積乱雲が通過していた▽被害や痕跡が帯状に分布している▽北風や南風が吹いていた▽「ゴー」という音の移動があったという複数の証言を得た―― などを根拠に、竜巻の可能性が高いと判断した。突風の強さを6段階で表す尺度「藤田スケール」で、下から2番目の「F1」(風速33~49メートル)と推 定した。

風速33~49メートル「壁、宙舞った」

 当時、自宅で寝ていた女性(55)は「『ドーン』という音が して目が覚めた。窓を開けると自宅前の店の壁が剥がれ、紙のように宙を舞っていた」。農業大場尚俊さん(49)は所有するビニールハウス2棟が壊れた。自 宅で寝ていると、あられが降ったような「バシャバシャ」という音が10分ほど続いたという。「ハウスの修理が大変。まさかこんなことになるとは」

 60歳代の主婦は「不気味な音で目が覚めたら、寝室の窓ガラスがすごい音で割れた。今までで一番家が揺れた」。無職渋谷修さん(67)方は自宅の屋根瓦100枚以上が剥がれた。渋谷さんは「『ゴー』という音がした。地響きもしたようで稲光も見た」と話した。

 島根ダイハツ販売益田店では、展示場の新車や中古車、客から 預かっていた車など約50台に被害が出て、社員らが車をシートで覆うなどの作業に追われた。大庭正一店長(56)は「被害額は1000万円近いのでは。 2、3月は一番忙しい時期なので休むわけにもいかない」と肩を落とした。

 斜め向かいの24時間営業のスーパー「キヌヤ中吉田店」は、軒先の一部が剥がれた。当時、店内は従業員3人だけだった。店の防犯カメラには、駐車場の軽乗用車が風で1メートル近く移動する様子が映っていた。

 経営する小料理店の屋根が吹き飛び、今回の突風被害で、建物が唯一の「半壊」とされた女性(71)は「大家さんの考え次第で、店を続けられるか心配」と話していた。

引用元:読売ONLINE

コメント(1)
2016/02/25 09:00 投稿者:レポーター

金沢で突風、竜巻か トラック横転、けが人なし

 金沢地方気象台は9日昼前、金沢市専光寺町で突風により停車中のトラックが横転するなどの被害があったと発表した。けが人はいなかった。気象台は被害の範囲や竜巻だったかどうか調査した。

 地元消防などによると、9日午前11時15分すぎ、突風が吹き、同町の物流センターの倉庫近くに停車中だった4トントラック1台が横転したり、フェンスが倒れたりした。被害は局所的だったという。専光寺町は日本海に面し、工場や倉庫が立ち並ぶ地域。

 同気象台によると、石川県内は当時、大気の状態が不安定で竜巻などの激しい突風が発生しやすく、午前9時50分ごろから午前11時まで竜巻注意情報が出ていた。

引用元:山陰中央新報(2016/2/9)

コメント(0)
2016/02/09 18:57 投稿者:レポーター

東日本、竜巻や落雷に注意 大気が不安定

 気象庁は9日、東日本を中心に9日夜にかけて大気の状態が不安定になり、竜巻などの激しい突風や落雷などの恐れがあるとして注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、日本海を東北東に進む前線を伴った低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、東日本では9日夜遅くにかけて大気が不安定な状態が続く見込み。

 落雷や竜巻などに注意し、発達した積乱雲が近づく兆しがあれば建物内に移動して安全を確保するよう求めている。〔共同〕

引用元:日本経済新聞(2015/11/9 11:15)

コメント(0)
2015/11/09 09:00 投稿者:レポーター

[つくば市災害・防災メール]茨城県竜巻注意情報

2015年10月2日(金)7時6分,茨城県では竜巻発生の恐れがあります。
雷や風が急変するなど積乱雲が近づく兆しがある場合には,頑丈な建物内に移動するなど,安全確保に努めて下さい。
この情報は2日8時20分まで有効です。

配信元:つくば市災害・防災メールサービス

コメント(1)
2015/10/02 07:06 投稿者:レポーター

[つくば市災害・防災メール]茨城県竜巻注意情報

2015年10月2日(金)6時8分,茨城県では竜巻発生の恐れがあります。
雷や風が急変するなど積乱雲が近づく兆しがある場合には,頑丈な建物内に移動するなど,安全確保に努めて下さい。
この情報は,2日7時20分まで有効です。

配信元:つくば市災害・防災メールサービス

コメント(0)
2015/10/02 06:08 投稿者:レポーター
RSS2.0

つくば市竜巻ルートマップ

透明度:100%
透明度:100%
透明度:100%
透明度:100%
透明度:100%
透明度:100%