つくば地域ポータル

防災の取り組み

ご利用について

新着記事

【つくば】吾妻小学校にて防災WSを実施

 つくば市立吾妻小学校及びPTAの主催で開催した「防災キャンプ2012」において、同学校との協力のもと、下記の防災WSを実施しました。
1.日時
 2012年8月10日(金)13:30~16:00
2.場所
 つくば市立吾妻小学校体育館(茨城県つくば市吾妻2-16)
3.参加者
 大人約30名、教職員約30名、児童約40名
4.実施内容
(1)大人WS
・ステップ1:東日本大震災の経験から学ぶ
 311東日本大震災を振り返り、経験された学校職員、保護者、その他の方々吾妻小学校の防災上の課題を考える。
・ステップ2:吾妻小学校の防災上の課題を考える
 将来起きうるより深刻な災害に対応するために、いま改善すべき点は何かを、以下の3つのテーマからみんなで考えて議論する。
 ①発災時間が異なる場合の災害対応(通学時間帯、帰宅時間帯、夜間・休日)
 ②事態がより深刻な場合の災害対応(被害の大きさ、対応の長期化)
 ③周辺組織、各種地域主体との連携の可能性(地域主体、期待役割)
・ステップ3:災害情報の利活用
 災害時の子どもの引き渡しに必要な情報や学校の災害対応に役に立つ情報など、eコミを利活用した災害情報の利活用について学ぶ。(児童のe防災マップ確認含む)
 
※当日の資料はこちら。

(2)生徒WS
・ステップ1:ジグソー防災マップづくり

 大型航空写真の上から学校、自宅、通学路、遊び場などを確認し、「通学時」と「放課後」の災害発生を前提に、通学路や放課後の習い事や遊び場周辺の安全な避難場所を確認する。
・ステップ2:安全なところ探し
 一日の生活をいつ、どこで、なにをしているのか、時間割で考えて整理し、それぞれの時間帯に災害が発生した際の対応について学ぶ。・ステップ3:e防災マップづくり
 ステップ2で確認した場所をタブレット型PCでeコミマップより確認・登録する。

⇒作成した防災時間割とe防災マップ情報は持ち帰り、先生や親に確認してもらう。

※当日の資料はこちら。



つくば市情報(RSS)


リンク